vラインに比べると、iラインの脱毛は痛みが伴います。vライン周辺の皮膚は比較的丈夫ですので、多少の痛みが仮にあったとしてもその瞬間だけで、後々肌のダメージも無いはずです。一方iラインは外側よりだと普通の皮膚ですのでvラインに準じた形になるのですが、内側は肌が非常にデリケートです。したがってエステティックサロンにせよ医療外科にせよ、痛みは強まります。oラインはまさに粘膜ですので、同様に痛みがあります。

vio脱毛を検討して入るが踏み切れない、という人の理由として多いのは、痛みを心配することです。体験者の声としては、その瞬間「うっ」と声が出てしまうくらい、と表現しています。美容脱毛としてのiラインには、エステティックサロンでジェルと光の組合せで行うか、美容外科でレーザーで行うかの、二つの選択肢があります。レーザーの方が痛いという認識が一般的にはあるようです。

iラインの医療脱毛を選択するメリットは、まず痛みに対しての心配をなくすということでしょう。レーザーの方が痛いらしいという認識とは逆になりますが、美容外科では痛みがひどい時に医療に準じた手当が期待できるので、かえって安心だという考え方です。

またiラインの医療脱毛を選択するもう一つのメリットは、施術回数がエステティックサロンで施術を受けるより少なくなるという見解があります。レーザーを用いることの特性と考えられています。

iライン脱毛のリスク

美容外科などで行われている医療脱毛には、様々な種類があります。これは部位により異なるもので、デリケートな部位にはお肌のトラブルを軽減する配慮がなされているのです。

無駄毛の処理では、埋没毛などの問題が多くあり、自己処理ではお肌の炎症などのトラブルが頻繁にありますが、医療脱毛ではこれらの心配がなくなります。また、レーザーを活用した医療脱毛は、毛穴を引き締める効果もあり、お肌の質が改善します。そのため、美肌を求める方にも最適なもので、綺麗になれる施術となっているのです。

そして、脱毛の中でもiライン脱毛のリスクは、デリケートな部位に特有のものです。この部位は陰毛のある場所で、陰部の周囲の体毛の脱毛となるために、リスクがあるのです。iラインの医療脱毛は、正面からは確認できない陰部の脱毛となり、iラインの医療脱毛は陰部の粘膜に近い部位の施術となるために、デリケートな部分であることに配慮した施術が必要になります。

このiライン脱毛は、お肌のコンディションに配慮しながら専門の脱毛施術を行う医療機関で行ってしてもらう事が必要で、医療用のレーザーで永久脱毛をしてもらえば、その後は面倒なお手入れが必要なくなります。

iライン処理を自宅でしたい!

iライン処理を自宅で行う方法としてはいくつかありますが、オススメは除毛ムースを使ったiライン処理方法です。用意するものは除毛ムース化粧水または保湿ローションです。除毛ムースは薬局やネットなどでも販売されているので手軽に用意することができます。iライン処理の方法は、自分が残したい部分の幅を決めて、除毛する部分のムダ毛にムースをつけます。自宅で行う際はお風呂場で行うと良いですが、ムースは垂れる心配があまりないのでそれ以外の場所でも鏡を見ながらつけても構いません。

説明書などに放置する時間が記載されていますので、その時間を守って放置し、シャワーなどでムースを洗い流します。処理部分をキレイにしたら、清潔なタオルで水気を拭き取り、化粧水や保湿ローションをコットンにとってパッティングしましょう。またこのときに、ムダ毛抑制ローションを使うとムダ毛の生える周期を遅らせることができるようになります。

これも、薬局やネットなどで販売されているので用意しやすいです。iライン処理には色々な方法がありますが、除毛ムースは肌に負担が少なく時間も短めで処理することができます。また肌に優しいものや、長い毛にも使えるものなど種類も多いので自分が使いやすそうなものを選ぶようにすると良いでしょう。

全身脱毛札幌おすすめサロン